車買い取り 下取り

車買い取りと下取りの違い

車買い取りと下取りの違いについて調べてみましたよ〜!!車を売却しようと思ったら、買い取り専門の業者へ買取ってもらうかディーラーへ下取りとして売却するかのどちらかになると思います。以前まではディーラーへ下取りとして売却する方が多かったのですが、最近では買取り専門の業者へ売却されるケースが増えています。なぜなら買取りの方が下取りよりも高値で買い取ってもらえる可能性が高いからです。但し下取りにもメリットはあって、売却と購入が一度の手続きでできるので面倒な手続きは必要ありませんね。更に新しい車が手元にくるまでディーラーの方で代車を用意してくれる事がほとんどですので、不便な思いをする事はないでしょう。昔からの付き合いで信頼できるからという理由でディーラーへ売却される方も多いですよね。

 

ではここで車買い取りと下取りの違いについてもっと詳しくみてみましょう。前述で買取りの方が下取りよりも高値で買い取ってもらえやすいというのをお話ししました。その理由は査定の方法にあります。下取りの場合ディーラーは独自の査定基準を用いていますので、今現在の市場価値を反映しずらくなっています。その点買取りだと市場価値をリアルタイムに反映できるシステムを取り入れているので高値がつきやすいという訳ですね。

 

他にも気になった方は車買い取りと下取りの違いについて色々と調べてみても面白いかも〜!!

 

カーセンサー ズバット車買取比較 かんたん車査定ガイド

リクルート運営の安心サイト! 

車の総合サイトで買取相場をチェック

超有名な車一括査定比較サイト。

最高10社の比較が可能です!
安心でユーザーも多数

たった数秒で入力完了!

最高10社の査定が分る事で人気のサイトです。

 

※楽天ショッピングを使うユーザーには、楽天の一括査定が人気!  見積もりで5ポイントゲット! 成約で3000ポイントのゲット〜

 

>>愛車を高く売りたいなら楽天で一括査定!